さるじゃん

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -
  
膝カックン
おおぅ・・・スタさんじゃなくなった・・・。
観る : comments(0)
  
攻める前髪

Eテレ趣味どきっ!火曜日「旅したい!おいしい浮世絵」→

浮世絵にはまあまあ興味がないわけじゃないが
どちらかと言えば聡ちゃんを観るために今後もチェックせねばー。
学業も納めたし、また露出が増えてくれるとうれしいわ。
観る : comments(0)
  
要さんありがとッ!
2012年から「Magic〜手をつなごう〜」「Love & Devotion」を
OP曲に使ってくれたtvkの昼番組「ありがとッ!」が
1,151回、まる5年で最終回とのことで要さんがゲストに。

ネット局への配信時間内の12:14から登場。
黒デニムに青のニットジャケット、白柄Tで
シルバーチェーンでクロスの中にターコイズか?みたいなネックレス。
出だしから即興ソングに
“番組がなくなってしまうせつなさを歌う”ということで木蘭を生歌で。
ベスト盤の紹介と県民ホールのライブの番組先行予約の案内くらいで
後が詰まっているからか、サクッと終了。
レギュラーの石黒彩ちゃんの料理コーナーでは試食したり
14:00の最後までお付き合いしてくれたのはいいのだけど
今までのレギュラーの方々なのかなんだか多国籍な大勢の出演者が
わーわーやっている中を隅の隅でちんまりにこにこしているのがほとんどだった。
昨日までがずっと大阪でイベントやらTV出演。
明日は愛媛に入ってやっぱりTVに出られるそうで。
パンツを洗うためだけに帰ってきただろうに
なんなら大阪から愛媛へ行くほうがラクなんじゃないかとも。
こんな感じならパンツを洗うことだけに専念してもらいたかった気がしないでもない。
ま、パンツを洗うのは洗濯機だけどもな。

私の記録だと6回登場していて、今回こそあれだったけども毎回おもしろかったし
MCの松風さんがアツく語ってくれるのがうれしかったし
4月からは「愛はいつも偶然じゃない」にしたらいいのに、と淡く思っていたので
番組終了は残念。
新番組は今までの視聴者をガン無視した完璧に迷走してんなぁ感がありありなので
これでtvkさんとのご縁も切れてしまいそうで悲しいよ。

HDDの中に残っている今回合わせて4回分のちんまり画像を貼っておくので
興味のある方だけクリックください。
興味のない方がクリックしてもはぁ?です。

要さんありがとッ!
(左上)2014.03.26 夢伝を歌ったあと
(左下)2014.10.29 上着一緒だった!
(真ん中)2015.05.28 下は熱唱ではなく爆笑
(右)本日 北原照久さんに隠れてにこにこ

やっぱりおじさんはかわいくなくっちゃいけないね!
観る : comments(4)
  
お元気ですね
「腹を割って話そう」のニコ生を鑑賞中。
たまに優雅な有料会員の方に押し出されるのだがめげずに観ている。
グッズ紹介で高ぇだの使えねぇだの文句ばっかり言ってるおふたり。
お元気そうでなによりです。
うれしーの青いめがねは眼鏡市場で買ったんだって。
 
観る : comments(0)
  
おーはー
山ちゃん-レイモンドのころのおはスタをどうしてだかしっかり観ていた。
おはガールがベッキーだったから、2000年度あたりのことらしい。
朝が今よりゆっくりできてたからなんだろうけど、どうしてだかなぁ。
観ないとかいしゃのおともだちとの会話に入れなくて
疎外感をくらうからだろうか、違うなぁ。
だから森久保さんがゾナーだってことはちゃんと知ってたし
なんらかのイベントで握手さえしてもらったくらい。
がーがーがー!
松風さんがおはスタ番長だったことを今週知って驚愕。
どおりで、ありがとッ!をはじめて観た時にはじめてじゃない気がしてたんだよ!
そして今顎がずずずんと伸びるぐらいにモア驚愕したのは
ベッキーと一緒に蒼井優もおはガールだったってこと!!
まったく記憶にない、印象に残ってない。
山ちゃん、卒業するんだってね。
おつかれさまでした。
観る : comments(0)
  
「スタ☆レビ」@座間
昨日はハーモニーホール座間で開催された
STARDUST REVUE 35th Anniversary Tour「スタ☆レビ」の初日公演を観た。

なにはともあれ、まずは要さんのヒゲ、だ。
ご登場の瞬間、ギーッと凝視して二度見三度見して・・・ヒゲがない!
おいおいその前にサングラスはおろか、めがねもしてない!
なにかの番組で
「ヒゲは突然剃っちゃうかも」
なんて言ってたけれど、突然は案外すぐ来た模様。
私はご自由になんでもどうでもいいやって、正直思ってたのよ。
自分が気分よく生きていけることが大切で
芸能を生業としている人は特に大事なことなのでね。
しかしいいですね、とてもいいです。

立見が出るほどで
(でも今回は臨時バスが出ないという不条理な話、雨風強かったのに)
(もっとも、いつも歩いちゃうんだけどね)
拍手に掛け声、会場を埋め尽くした空気が
私が今までに行った初日公演の中でいちばん濃密だったような気がした。
けっして前方ではない席ながらセンターだったので
舞台全体を視界に入れることができて、いちどはこの位置で正解。
文明の利器を多用しながらもどこかアナログな空気も嗅ぎ取れるようなステージ。
新しきを取り込み旧きも無下にはしない。
そんな柔軟性が35年続けてこれた理由のひとつだ。
そして35年に培ってきたファンとの信頼性。
こんなにこちらへ委ねてくるミュージシャンって他にいるだろうか、と
思えるような場面があった。
あとこれは重要なポイントでもあるので
言葉を慎重に選ばなければならないのであるが
サポートメンバーに対しての信頼がなければ成し得ない場面もあり
ハッとさせられた。
スタレビってすげぇ。
今まで100万回思ってて、昨夜100万1回目思った。

今後のセトリに関してはふだんは検索したりモバレビに頼ればよいのだけれど
できれば自分の耳で52曲を把握したいのでしばらくは閉ざしておきたい。
骨組みは分かった。
あとはどう肉付けをするかだ、推測してはニヤニヤしていよう。
そういう時間が楽しいのだ。
さっそく“スタ☆レビ セトリ”みたいなので検索されていらっしゃる方がおられますが
ここへ来てもなんもありません、出ません。
毎度出てくるのは【ソエメモ】ぐらいです。

【ソエメモ】

出で立ち、個人的にはパーフェクト!
もっとそばで見たいー生地の質感とか見たいー。
季節季節で細かくアレンジしてくれないかなーとひそかに期待。
どうやらなにげに身体弱いキーボーディストなので
気をつけてのナイスサポーティングをお願いしたい。
そして最後の最後に捌けるのをあと10秒でいいから遅くしていただきたい。
今より1回多くでいいから客席を見ていただきたい。
観る : comments(4)
  
「俳優 亀岡拓次」
昨日は横浜ブルグ13で「俳優 亀岡拓次」を観る。
上映後の顕さんと横浜聡子監督の舞台挨拶がお目当て。
監督の撮り方、というのが聞けてふむふむと。
遠目だったけれど顕さんステキでしたわ。

過剰な推し
(注:この作品以外もちゃんと上映している)

どーんばーんな派手な出来事はないのだけど
俳優・亀岡に対する静かな愛情に溢れていた。
亀岡がいっぱい=顕さんがいっぱい。
安田顕はやっぱりいい!と再確認できる映画であったよ。
観る : comments(0)
  
機密事項
なんとなくNHKをつけたら「ファミリーヒストリー」をやっていて竹中直人で
地元の地名なんかがばんばん出たもんだから、最後まで観てしまったんだけど
先の大戦中の昭和17年に横浜港で爆発事件が起きた
(竹中さんの祖父が巻き込まれた)

『横浜港ドイツ軍艦爆発事件』→(Wiki)

というのを初めて知ったのでメモ。
大規模な災害だったにも関わらず
当時は戦意喪失を恐れて公表されなかったとかで、今でも不明な点が多いそうだ。
今の赤レンガ倉庫あたりでのことらしい。

滅多に観ない「ファミリーヒストリー」だけども来週は瀧さんなんだよね。
今週は涙なしでは観られなかったんだけど
瀧さんはそうでもないようなのでチェックしよう。
ものすごい取材力らしいよ。
観る : comments(4)
  
固唾を呑む
ああやっぱりレミは誰よりもロックだなぁ、シャンソン歌手だけど。
朝からレミさんを見守ったのですでに1日が終わった気分。
家族設定必要だったかなぁ、レミとアナウンサーだけでよかったよ。
後藤アナはこういう時でもダジャレをばんばん挟みこむはずだから
今日は中谷アナで正解。

おせち家族に福きたる!→

昨晩の赤めだかはリアタイ視聴。
私なりのわずかばかりの、それでもそれなりな談志像というのがあるから
冷静に観ることができたけど
勘九郎による勘九郎だけはあかん、うるっとしてしまった。
そしていちばん懸念してたところ、たけしはたけしだった。
ただ高座にあがる時の仕草にどきっとしたなぁ、あれはまんま談志だったなぁ。
あとね、音楽の使い方がいささか鼻についたね。
映像版が出るそうだけど、権利料がえらくかかるんでないか。
まさかその調整で撮影から放送まで時間が空いたのじゃ?
しかもなんでサザン(yaya)と桑田さん(明日晴れるかな)の曲だけは
イントロのみなんだか。
えらく豪華な配役で見落とした人もいそうだから録画でザッと再確認してみよう。

観る : comments(0)
  
クリイゴ約
長い休みなのだからいろいろとやらねばならないこともありそうなものだが
やる気がさっぱり出ないので、溜めに溜めたテレビ番組各種の録画を観る。
残りはブラタモリ5回分と生さだ3回分。
あと下町ロケ全部・・・最終回だけをまんまと録り忘れ
一気に観る気をなくしたので本件については越年保留。
ぜんぶ削除すればラクになれるよ、というささやきも聞こえてくるわい。
クリ約については毎年演出面への不満にも似た疑問がある。
今年もきっちりとかましてきたね、はぁー鬱陶しい♪
意見も上がってそうなものだが、あれでいいと思っている制作陣なんだよね。
ブレてないなぁと逆に感心←厭味
小田×和田がたいへんによかったわー。
そういえばレミは“マイケルちゃん”(notテニスコーチ)って呼んでた。
ショーも笑顔で歌うという点で要さんと同じだね。
松さんは毎度くるしい顔をする・・・自覚あるんだろうか・・・気になるのよー。
びっくりしたのはAKBのカバーを客席の多数が口ずさんでたところ。
歌詞が出てた気配がなかったけど、出てたんかな。
自分がワンフレーズも歌えないのに、んー売れたんだなー。
洋楽のいろいろも口ずさんでた人が抜かれてたけど、トワアベは皆無だったね。
いいの、私が歌えればいいの。
小田さんテイストむんむんのアレンジが新鮮だったな。

そうそう【クリスマス・イゴ】を
要さん発信とつぶやいている人がいたような気がしたのでここで書いておくけど
KANちゃんだからね、間違えないでね。
要さんが嬉々として使うからそう思ったのかもしれないけど
うまいこと考えつくのはだいたいKANちゃんだからね。
いっぱい考えつくからいちいち“それ、ぼくのですよ!”と言わないだけでね。
ただ【ナマ足】は“ぼくは80年代から言ってる”そうですよ。
観る : comments(0)
  
<< : 2/74 : >>