さるじゃん

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : -
  
だいすき四人衆

160506

「爆笑!特撰花形落語会」@鎌倉芸術館

柳家吉緑:お菊の皿

柳家三三:真田小僧
柳家花緑:親子酒

林家たい平:宿屋の富
春風亭昇太:ちりとてちん
聴く : comments(2)
  
どんくさいほどロックンロール
今日は沿線の私立小学校の入学式だったようで
どんくさいほどコンサバティブなお母さんを何人か見かけた。

コンサバが好きっていうのはさ、表面的なことだけじゃなしに
その裏とかその奥とかその隙間に対しての“好き”なのよね。
・・・変な態。

“どんくさいほど”の“ほど”は
“Hold on”とダブルミーニングってことでいいのかしら。

ティモシェンコちゃんとロワイヤルさんを検索した。

通勤電車に揺られていると
“こうやってなんかにつけてちょいちょいスマホばっかイジってりゃ
現実が見えなくて楽”
というフレーズが浮かんでくる。

私も今後いろいろと角度を合わせていこうと思う。

“ハタと足もとが竦んでも”は秦基博ってことでいいのかしら。

ハロウィン→クリスマス→お正月→節分→バレンタイン→ひなまつり と
そのつどニヤニヤしていたので、また今年もハロウィンからはじめようかと。

私は人生でいちどだけ上野さんに似ていると言われたことがある。
瑠可という役をやっていたころで、髪の毛が短かったので
確かに15メートルくらい離れて見ていただければクリソツだったな。

“この期におよんで守るべきものはない”のあとに
“おっぱい以外に”と歌ってみる作業は楽しいですし(なるべく高らかに)
あながち間違いではないと思うのです。
それがロックンロール。
聴く : comments(0)
  
(新)
まむちゃんスーちゃん
白でも黒でもないグレー伊集院で5年はやりたい、とのこと。
スーさんが“うちらの時代 has come”みたいなことを言っていたけど
伊集院→スー→赤江の流れ、確かに新時代の幕開けかと。
聴く : comments(0)
  
(終)
まむちゃんのコーナーは継続
悠里さん、おつかれさまでした。
聴く : comments(0)
  
「I'll Be Back Again...いつかは」
日本ってなかなか「Easy Lover」みたいな
グループじゃない男性2人のデュエット曲ってないよなぁとぼんやり考えてて
つらつらとは出てきたんだけど、あれも違うこれも違う。
ハッ!彼らしかない!と思ったのがたけし&ヒロキ。



コーラスがシュークだったとは。
いや当時は本当にフィリップ・ベイリーとフィル・コリンズを見据えてたのかもなぁ。
振り付けはgdgdですがね。
名曲なのにどこの媒体でもまず流れないのよね。
前奏でわっ、と思うと「Young Bloods」なんだよ。
(佐野さんは悪くない)
あとなんだい、この時代のたけし。
ヤバいくらいにかっこいいな。
聴く : comments(0)
  
「CHAKA POKO CHA」
1900年代終盤に奄美大島へ行った。
ホテルのレストランで流れていた曲が20年過ぎても時折よぎることがあってね。
世紀を超えて判明した。
つべすげえ。
バラクーダ最高。





 
聴く : comments(4)
  
「好きです。」
顕さんとaikoちゃんが今週の月〜木のJ-WAVE「POP UP!」内の
「antenna* cafetalk 〜COMMUNE813〜」というコーナーで
おしゃべりをしているそうで、期間限定でつべでも聴けるのだけど
テキストだけでも顕さんのおかしみが伝わるのでレッツご一読。
ひと言目が「好きです。」ってね、うふふ。
そうなんだよね、aikoちゃんのことまえまえから好きなんだよね。
聴く : comments(0)
  
turning mad
ひさしぶりすぎる新譜だからなのか強い意志かはたまたなんらかの事情か
KANさんのプロモーション活動は激しすぎて
せっかく日本中のラジオ番組を聴ける環境下にあっても
ほとんど、まったく、チャックできない、してない。
が、運よく今日の竹善さんの生番組は聴けた。
竹善さんが名曲!と絶賛されていたのが「寝てる間のLove Song」だった。
並びとしては「東京ライフ」「カレーライス」も挙げていた。

「カレーライス」は竹善さんが歌うのを去年聴いたのだけど、よかったねぇ。
前に靱で聴いたまさよしのも、よかったねぇ。
KANさんの楽曲は他の人が歌うとさらにそのよさが分かるんだよねぇ。

これはどこで言っていたか忘れたのだけど
出演した時に流してもらう曲はパーソナリティさんにおまかせしているとかで
男性は「寝てる間のLove Song」女性は圧倒的に「胸の谷間」なんだって。
分かるーっ!
​どうしてなんだろうね、でも私もきっと谷間にする!
聴く : comments(0)
  
動き
ニッポン放送も春から動きがあるようで。
へー春から礼央くんが昼の帯をやるのかー!

2016ニッポン放送春の新番組→

ということはキラスタはやめるのかしら。
有楽町を16:00に終わって大宮に18:00って
ふつうに移動するだけならできないことないけどねぇ。
要さんはどうにも三浦祐太朗くんの日ばかりだったから
出ることなく、という結果に。
こちらにゲストで呼ばれないかなぁ、その時だけは聴きたい。
すまんがおれはこの時間に限っては珠緒ひとすじなんでな。

そしてうえちゃんがいよいよ、とうとう、ド早朝の人に。
うわー聴きたいなー!
さすがにチェックできないなぁー。
うえちゃんくらいあらゆる時間に番組を持った人はいないんでないか。
ほぼ全時間帯制覇してるんじゃなかろうか。
出会いはファンファントゥデイとぽっぷん王国。
以降ずっと追いかけている、ラジオ局アナウンサーでいちばん好きな人だ。
聴く : comments(0)
  
さよならなんて云えないよ
たまむすびはいつも週末にポッドキャスト(つべパターン→
でまとめて聴くことが多いのだけど、本日の放送のオープニングだけを急いで聴く。
たまむすびで泣くなんてありえないよ、はじめてだよ。
今すぐ赤江さんを抱きしめたくなったよ。
聴く : comments(0)
  
: 1/38 : >>